音信不通を突破せよ!

復縁に成功して結婚しています

音信不通,LINE,ブロック,理由,復縁成功,復縁講座

こんにちは、復縁ドッグです。
元カノを他の男に盗られてしまった状態から1年2ヶ月…。
色々ありましたが、復縁に成功し、その彼女と結婚をしました。

復縁から結婚までの復縁日記はこちら

 

このサイトでは、私がどのように復縁をしてきて、どう考えていったのか?
そういった復縁の生の情報、経験から学んだ情報を元に、作っています。

 

私の個人的な意見だけでなく、復縁マニュアルも、複数購入して、勉強した知識を使って書いていますので、内容には自信を持っていますので、ご安心ください。

 

 

こちらが、勉強の為に買った、復縁マニュアルと復縁本です

音信不通,LINE,ブロック,理由,復縁成功,復縁講座音信不通,LINE,ブロック,理由,復縁成功,復縁講座

 

総額10万円以上かけて、学んだ知識を使って、
着信拒否などLineやFacebookのブロックで、元彼、元カノと
連絡が取れなくなってしまった人に向けて、、、。

 

あなたの復縁へ、何か感じていただければとの想いから、
少し、厳しいことも、書いていくつもりです。
もし腹が立ったり、傷ついてしまった場合は、
あらかじめ謝っておきますので、許してくださいね。

 

では、はじめていきましょう。

なぜ、音信不通になってしまったのか理由をしっかり知ること

何といっても、音信不通になってしまった原因を知らなければ、
何度、他の人と恋愛をしたとしても、同じ結果になってしまいます。

 

これから先、元彼、元カノと、連絡が取れるようになったとしても、音信不通になってしまった
原因を知らなければ、再び、音信不通になってしまう可能性が高いのです。
だから、真剣に読み進めて下さい。

 

なぜ、あなたが音信不通になってしまったのか?
それは、実は簡単な理由だったのです。

 

あなたは、自分の感情を押し付けてしまっていたから。
これが最大の原因となります。

 

この意味、分かりますか?
あなたは、元彼、元カノと復縁がしたと思っています。
色々なサイトで、復縁の情報を集めているんですよね。

 

その気持ちは、かなり強いと思います。
何とかして、復縁の情報を集めて、復縁したいと思っていると思います。
それが、裏目に出てしまっているのです。

 

温度差を意識したことはあるでしょうか?
上手くいっているカップルは、温度差が一定だということを知っていますか?
今のあなたは、このページの、この部分を読んでいる。
それだけで、相当、元彼、元カノに対する気持ちが強いです。

 

つまり、温度が高い状態なんです。

 

では、今、元彼、元カノのあなたに対する、温度はどうだと思いますか?
少なくとも、付き合いはじめの頃よりは、下がっていると思います。
別れ際、別れた直後も、そうですよね。

 

彼、彼女が大好きだったあなた。
気持ちが下がってしまっている、彼、彼女。

 

この温度差が、音信不通を生み出してしているのです。

 

彼、彼女の愛情を確かめる為に、わざと困らせたりしませんでしたか?
メールが来ない、電話が繋がらないと、不機嫌になりませんでしたか?
彼、彼女の気持ちが離れるのが嫌で、何でも言うことを聞きませんでしたか?

 

温度が違うと、求めるものが変わってきてしまうのです。
この温度の違いが、気持ちのすれ違い生み、すれ違いが、
気持ちの変化を生んでしまいます。

 

一度生まれた温度差を、埋めよう、埋めようと必死になればなるほど、
逆に、温度差が広がっていき、ある時、別れ話を切り出されてしまうのです。

 

別れた後は、なおさらです。
気持ちの離れた、元彼、元カノの気落ちを取り戻したいが為に、
連絡、連絡、また、連絡。

 

自分の気持ちを、これでもかって伝えませんでしたか?
私は、伝えてしまいました。

 

それがさらに、温度差を生んでしまうのです。
それが続くと、もう、連絡すら取りたくなくなってしまうんですよ。
それが、音信不通なんです。

 

こうやって、自分で自分の首を絞めるように、音信不通の扉を開いていくんです。
だから、音信不通を改善するには、まずは、温度差を意識する必要があるのです。

 

復縁を成功させる為には、
正しい知識が必要なんですね。

 

正しい知識の元に、正しい行動を行って、復縁に成功した人達の、
体験記をまとめましたので、さらに、復縁について勉強したい人は、
ご覧になってみて下さい。

 

復縁成功者から、復縁のエッセンスを学ぼう!〜

音信不通,LINE,ブロック,理由,復縁成功,復縁講座  

音信不通,LINE,ブロック,理由,復縁成功,復縁講座遠距離恋愛からの復縁
26日間の記録


このページの先頭へ戻る